ラッセンのサーファーとしての活躍

ラッセン最新リサーチ

高校を卒業する事になるとクリスチャン・リース・ラッセンのサーフィンテクニックはトップクラスに。この活動も創作活動の一つと言えるでしょう。

ラッセン最新リサーチのメインイメージ

ラッセンのサーファーとしての活躍

イルカやハワイの絵画で有名なクリスチャン・リース・ラッセンは印象的な作風で多くのファンを持っています。

絵画アーティストとして知名度も高いですが、プロフェッショナルサーファーとしても活躍しています。

この記事では【ラッセンのサーファーとしての活躍】について詳しく解説します。

★ラッセンは幼いときより絵画を描くのが好きでしたがサーフィンも大好きでした。

17歳のときにはファーフィン雑誌の表紙に登場しています。

それほどの才能がありました。

キレイな海で波に乗っていたのです。

自然の偉大さや素晴らしさに感動したのでしょう。

その感動経験が彼の作品に大きな影響を与えて、感動的な作品を生み出しているのでしょう。

★1974年にはより大きな波を求めてハワイ・オアフ島のノースショアに移住します。

高校を卒業する事になるとクリスチャン・リース・ラッセンのサーフィンテクニックはトップクラスになります。

ハワイでサーフィンワールドカップチャンピョンと共同生活をはじめます。

サーファーとして活動することも彼の創作活動のひとつになります。

二十歳代をラッセンはサーフィンと絵画に没頭します。

そして、キレイな海を守りたい。

海に住む動物を守りたい気持ちが芽生えます。

そこから環境問題に取り組むようになります。

絵画アーティストとして稼いだ資金を環境保護団体設立に使っています。

こういったクリスチャン・リース・ラッセンの活動を応援しようと彼の原画を購入したい熱狂的なファンも多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加