クリスチャン・リース・ラッセンの人生について

ラッセン最新リサーチ

ラッセンの転機はハワイへの移住です。大いなる自然の魅力がアーティストとしての感性に火をつけたのでしょう。

ラッセン最新リサーチのメインイメージ

クリスチャン・リース・ラッセンの人生について

世界各地に多くのファインを持つ感動を与えてくれるアーティストの一人がクリスチャン・リース・ラッセンです。

ラッセンの名前は日本でも有名ですね。

日本人の心に響く作風があるのでしょう。

ジグソーパズルになったりするほど人気があり、原画展や来日展があれば大勢のファンが集まります。

企業とのコラボ企画で作品を提供するなど多彩な活動をしているアーティストです。

日本でも人気な証拠にこんなおもしろい記事見つけました:http://npn.co.jp/article/detail/68917238/

今回は【クリスチャン・リース・ラッセンの人生】について迫ります。

★ラッセンはアメリカで生まれハワイに移住した!

ハワイへの移住がラッセンの大きな転機になります。

自然の魅力に取り憑かれたのです。

アーティストとしての感性に火をつけたのでしょう。

イルカのイメージが強いラッセンの作品。

ハワイに移住することがなければ私達の心を打つ絵画は生まれなかったと分析する文化人・批評家もいます。

★1983年の国連クリーンオーシャンキャンペーン。

ここで有名な作品サンクチュアリの絵を完成させます。

このイメージアートで一躍ラッセンの名前は世界各地に知れ渡りました。

ホノルルマラソンの公式アーティストにも選定されました。

★1990年には環境保護団体シービジョン財団を設立。

絵画展・原画展で作品を売り上げた収益で財団を立ち上げます。

積極的に環境保護活動をする活動にも力を入れてきます。

有名な映画のオフィシャルポスター製作などのコラボにも携わります。

自分自身でも環境映画の主人公を演じるアーティストの側面も見せるのです。

画家であり、プロサーファー・環境保護活動化・ミュージシャンと意欲的な活動はますます私達を楽しませてくれるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加