温暖な気候と、比較的治安がいいということで、オーストラリアは留学先としてとても人気があります。

オーストラリアに留学したりワーキングホリデーで滞在するという人も多いですね。

私のいとこも、1年間オーストラリアに留学し、帰国しました。

いまは、旅行会社に就職して日々忙しく働いています。

また、友人は、社会人になってからオーストラリアに留学したという経験があります。

海外に留学するといえば、短くても1ヶ月、3ヶ月はかかるのではないか?と思いますが、友人の場合は、なんと2週間の超短期留学だったそうです。

その期間ではたして英語力は上達するの?と思いますが、そのプログラムは滞在先がホームスティであることから、毎日ネイティプな英語にふれて生活するので、2週間でもかなり英語力が身につくのだそうです。

通常、語学学校に通うような留学の場合、学校で持っている寮やアパート、またはアパートや住宅をシェアして住むという形態です。
しかし、その場合は学校から帰るとほとんど話をしない、というケースが多いそうです。

また、同じ日本人同時で住宅やアパートをシェアしている場合、どうしても会話の内容が日本語になってしまいますね。

その点、ホームステイすることでイヤでもステイ先の家族の会話、つまり英語が耳に入ってくるし、また自分の意志を伝えるという意味で、英語を使う必要があるということなのです。

そんな生活の中で2週間過ごしていると、かなり耳が慣れてきて、英語が上達するというのです。

もちろん、その場合はAICのような信頼の置けるエージェントにお願いする必要があります。
ステイ先で効果は変わってきますので、注意をしてください。